講師ブログ

講師ブログ

講師ブログ

受け入れることが大事

  • 2020年05月07日 23:04
  • カテゴリ:

こんにちは。春日部アカデミー塾長の福地です。

 

皆さん、STAY HOMEはどのようにお過ごしですか?

 

ご存じの方もいると思いますが、

最近テレビを見ていたら、局を越えたアナウンサーたちが

早口言葉対決をやってました。

 

たとえば、

「密集阻止! 密接阻止! 密閉阻止!」 とか、

「学校急遽休校 家で自習 超集中 長州力」 とか、

「きつい時期 傷付きつつも 危機突き破る絆あり」 という言葉を、

2回連続で言うのです。

私も試しにやってみましたが、これが意外と難しい。

 

皆さんも、STAY HOMEの楽しみ方の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ところで、先日のブログにも書きましたが、

私はこのGWに本を一冊読み始めました。

 

本のタイトルは、

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』す。

 

先日見たテレビ番組で紹介されていて、

面白そうだったので早速Amazonで購入しました。

 

少しだけ内容を紹介すると、

 

イギリス人の父親と日本人の母親を持つ中学生の男の子が、

イギリスの地元の公立中学校に通い、

そこで人種問題や貧困問題を目の当たりにするなど、様々な経験をして、

人として少しずつ成長していく。

その成長の過程を、この子の母親である「ブレイディみかこ」さんが

自分の思いも織り交ぜながら書きつづっていったものです。

 

まだ全体の2割ほどしか読んでいないのですが、

イギリス社会のリアルな実情がわかったり、

何より、話の中に出てくる子供たちの素直さや純粋さが伝わってきて

興味深く読み進められてます。

 

 

主人公の息子くんは、母親に何でも話すんですね。

すごく良い親子関係だなって思います。

 

でもきっと、息子くんは決して何か答えを求めているのではなく、

ただ「わかってもらいたい」という気持ちで話してるんだと思います。

 

母親の方も、自分の考えを押し付けることはせずに、

まずは息子の話を聞いて、それを受け入れる。

そういうことが出来ているんだろうなと、本を読みながら感じました。

 

だから、息子くんも安心して何でも話すんでしょうね。

 

反面、父親の方はあまりそういうことが出来てない感じの人のようです。

なので、母親には話すけど父親には話さない、なんてこともあったりするようです。

 

 

「まずは相手の話を聞いて、それを受け入れる。」

 

これって、人間関係においてとても重要なことだと思います。

でも、決して簡単なことではないかもしれません。

私もこれが出来ずに失敗したり苦い経験をしたことが何度もあります。

 

 

常にこういうことが出来る人間でありたい。

そう思いながら、本の続きを読み進めていきたいと思います。

 

 

 

= ★ = ★ = ★ =

塾長福地の

メキメキ・イングリッシュ #2

= ★ = ★ = ★ =

 

このコーナーのタイトルを、「メキメキ・イングリッシュ」にしました!

「メキメキ」の由来は近日中にお伝えします。

さて、今回のフレーズは・・、

 

「この花、すごく良い匂いがする」

 → This flower smells so sweet.

 

sweetは「甘い」という意味ですが、花などの良い匂いを表す時にも使えます。

春日部アカデミーの前にある藤棚も、少し前まで良い匂いがしてました。

今年はお祭り(藤まつり)が中止になってしまいましたが、

藤の花はいつもと変わらず満開でした。

来年は今年の分までお祭りを楽しみたいですね♪

 

それでは、次回もお楽しみに!

春日部で英語を学ぶなら春日部アカデミー。個別指導中心の学習塾です。

  • 〒344-0065 埼玉県春日部市谷原2-6-4 1F
  • TEL:048-763-6790 【受付時間】 平日、土曜 14:00~23:00

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP