講師ブログ

講師ブログ

講師ブログ

YOU目線とI目線

  • 2020年05月09日 11:04
  • カテゴリ:

こんにちは。春日部アカデミー塾長の福地です。

 

GWも終わりました。と思ったら、立夏も過ぎてましたね。

そう、暦の上ではもう「夏」です。

ふと辺りを見渡すと、風景は少しずつ新緑の装いに変わってきてます。

 

人間界は未曽有の危機に見舞われてますが、

自然界はいつもと同じ、変わらぬ変化を見せてくれてます。

今のこの状況も、いつか必ず収まって元通りになる。

そんなことを静かに教えてくれているような気がします。

 

 

さて、話は変わりますが、

先日読んだネットの記事で、このような文章が目に留まりました。

 

子どもの成績が伸びない原因は、

「自分の努力が成果につながる成功体験」を知らないからかもしれません。

「わからなかった問題がわかるようになる」といった経験がないと、

勉強への苦手意識ばかりが強くなってしまいます。

 

 

たしかに、おっしゃる通りです。

 

まずもって、努力が何らかの成果につながらないと、

大人だってやる気を無くしてしまいます。

 

成果の形は、点数などの数字に表れるものだったり、

「合格」などの目に見えるものであるのが一番かもしれませんが、

決してそれだけではないと思います。

 

周りの人から「頑張ったね」と認めてもらえること、

つまり、褒めてもらえること。

これも立派な「成果」だと思います。

 

だから私たちは、褒めることをとても重要視しています。

 

褒め方にも色々あります。

 

一般的なのは、「すごいね!」とか「頑張ったね!」という言葉でしょうか。

私もよく使います。

 

ただ、これらの言葉はどちらも

「(あなたは)すごい」、「(あなたは)頑張った」のように

あなた(=YOU)が主語になってます。

 

実はこのYOU目線の表現は、

相手の「評価」につながりやすい、という特徴があります。

もちろん、評価は必要ですし、教育の場において欠かせないものです。

 

でも、評価の枠を飛び越えて、自分の頑張りを他人から認めてもらえたら、

嬉しいですよね。

それに、評価ばかりを与えたら、

相手は、他人からの評価ばかりを気にする人になってしまうかもしれません。

行きつくところは「八方美人」です。

 

だから私は、YOU目線の表現と同時に

「I目線」の表現も使うように心がけてます。

 

「(あなたが頑張ってくれて)私は嬉しい」

というような言い方です。

たまにこれに、「ありがとう」を添えることもあります。

 

英語で、「I am happy for you.」という表現があります。

「よく頑張ったね」と訳されることが多いですが、

これも、I目線、ですよね。

 

「愛をもって、I目線で伝える」

 

これからも心がけていきたいと思います。

 

 

 

= ★ = ★ = ★ =

塾長福地の

メキメキ・イングリッシュ #3

= ★ = ★ = ★ =

 

今回のフレーズは、これです。

STAY HOMEでこういう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「私は最近,料理にハマってます」

 → I’m into cooking these days.

 

「~にハマる」は、英語で「into ~」と言います。

元々「~の中へ」という意味なので、上の例文で言うと、

「料理の中にどっぷり入りこんでる」というイメージですね。

 

それでは、次回もお楽しみに!

春日部で英語を学ぶなら春日部アカデミー。個別指導中心の学習塾です。

  • 〒344-0065 埼玉県春日部市谷原2-6-4 1F
  • TEL:048-763-6790 【受付時間】 平日、土曜 14:00~23:00

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP