講師ブログ

講師ブログ

講師ブログ

「塾」の役割を果たす

  • 2020年05月18日 18:15
  • カテゴリ:

こんにちは。春日部アカデミー塾長の福地です。

 

学校が休校に入り、そろそろ3ヶ月が経とうとしています。

先週末、39県では緊急事態宣言が解除されましたが、

埼玉県は依然として発令されたままです。

それでも、何人かの生徒たちからは

「6月から学校が再開されそうだ」と聞いてます。

 

まだ全てが収束してるわけではありませんし、

学校再開によるクラスターの可能性もゼロではないと思いますが、

そろそろ学校が再開になってほしい、というのが

多くの方たちの希望なのかもしれません。

 

 

今日もネットでこんな記事を見つけました。

 

「「勉強しない」「子ども嫌がる」悪戦苦闘の家庭学習…親たちの本音は」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010006-nishinpc-soci

 

 

子供の家庭学習の面倒を見なくてはいけなくなった保護者の方たちの

悪戦苦闘が描かれています。

 

このブログをお読みの保護者の皆さんも

もしかしたら多かれ少なかれ、同じような経験をされてるかもしれませんね。

 

普段とは違った環境でのことなので、

親も子供もお互いにどことなくぎこちなさを感じてしまう。

そんな中、親の思いが空回りしてしまったり、

子供もつい反発してしまう、などということは、

あっても当然なのだろうと思います。

 

 

記事の中で、早稲田大学大学院の田中博之教授(教育方法学)の話が載ってました。

とても共感できる内容だったので、要点をここで紹介したいと思います。

 

・学校の全てを家庭が代替するのには無理がある。

・関係が近いからこそ、親が勉強を教えると子は反発し、自尊感情を失うこともある。

・兄弟や自分の子供のころと比べるのはよくない。

・学習面は提案にとどめ、子供がやり終えたら褒めてあげるのがよい。

・家庭の最も大切な役割は、子供が安心できる居場所であること。

 

 

子供たちが関わるコミュニティは、主に家庭と学校です。

しかしそれだけではありません。「塾」もその一つです。

 

それぞれがそれぞれの役割分担をしっかりと果たし、

出来ないことは無理にやろうとせず、

バランスをとって子供たちに接してあげることが、

子供の成長にとって一番良いことなのだと思います。

 

私たちは「塾」なので、

子供たちの勉強面をサポートし、勉強の悩みを解決し、

成績アップや第一志望校の合格に貢献していきます。

 

生徒たちが安心して勉強に取り組めるような環境をこれからも提供し、

「やればできる」「自分にも分かる」「分かってくると楽しい」と

生徒たちが思ってもらえるような

指導やコミュニケーションに心がけていきます。

 

 

 

= ★ = ★ = ★ =

塾長福地の

メキメキ・イングリッシュ #5

= ★ = ★ = ★ =

 

今回は大切な友達や家族に言ってあげてほしいフレーズです。

 

「君と一緒にいるのは楽しいです。」 → I enjoy your company.

 

「company」は「会社」と訳されるのが一般的ですが、

「仲間」「付き合い」という意味もあります。

語源をたどると「一緒にパンを食べる人たち」という意味なので、

実はこちらの意味の方が元の意味に近いです。

 

このフレーズを相手に言ってあげると、とても喜ぶと思います♪

 

それでは、次回もお楽しみに!

春日部で英語を学ぶなら春日部アカデミー。個別指導中心の学習塾です。

  • 〒344-0065 埼玉県春日部市谷原2-6-4 1F
  • TEL:048-763-6790 【受付時間】 平日、土曜 14:00~23:00

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP