中1~中3の方

中1~中3の方

中1~中3の方

中学生の勉強の基礎は、全て学校の教科書の中に詰まっています。学校の教科書を隅々まで完全に理解し、練習問題を完璧にやり遂げることが学力アップの最大の秘訣です。勉強の正しいやり方を身につけさせて、お子様の成績アップと第一志望校への合格を確実なものにします。

中学生コース

中学生の勉強の基礎は、全て学校の教科書の中に詰まっています。学校の教科書を隅々まで完全に理解し、練習問題を完璧にやり遂げることが学力アップの最大の秘訣です。勉強の正しいやり方を身につけさせて、お子様の成績アップと第一志望校への合格を確実なものにします。

コースのご案内

コースのご案内

ステラコース[少人数制英語クラス]

ステラコース[少人数制英語クラス]

英語が必ず得意になる、塾長直伝の英語指導

英語が必ず得意になる、塾長直伝の英語指導

小学生コース ステラの授業は学校の教科書を中心にして進んでいきます。
理由は2つあります。1つ目は、お子様が英語に自信を持って自ら進んで勉強していくためには、学校の授業の理解と、テストでの高得点が欠かせないから。2つ目は、学校の教科書が英語ビギナーであるお子様にとって最良の教材だからです。
英文法はシンプルに解説。ルールの根底にある「イメージ」も一緒に学ぶので、単なる暗記にならずスムーズに頭に入ってきます。
英単語は音読を多く取り入れながら身につけていきます。まずは「正しく読める」ようになってから、「正しく書くこと」を覚えます。

個別指導コース

個別指導コース
[英語・数学・理科・社会]
-教師1人×生徒2人まで-

自分にピッタリ合わせたカリキュラムで、わかるまで徹底的に学ぶことができます。

自分にピッタリ合わせたカリキュラムで、わかるまで徹底的に学ぶことができます。

小学生コース 個別指導のデメリットは、授業の進みが生徒のペースに合いすぎてしまい授業の効果が表れにくいことにありますが、当塾の個別指導は違います。生徒に合った適切な問題を与え「甘えを一切許さず」講師主体で授業を進めるので、やればやるほど効果が確実に現れます。
当塾の個別指導は確実に成績が上がる個別指導です。

映像授業コース

映像授業コース
[数学・国語・理科・社会]

「わかる」では終わらせない。「できる」ようにさせる、最高峰の授業クオリティ。

「わかる」だけでは終わらない。
「できる」ようになる、業界ナンバーワンの授業システム

小学生コース 1回のレッスンは25分程度。これは、お子様が集中して受けるためには最適な時間です。しかも、ただ一方的に受けるだけではなく、途中に問題演習の時間も数多く散りばめられています。
レッスン終了後は、定着度確認テストに進みます。学習効果がその場ですぐに分かるので、お子様のモチベーションも上がります。
1つの単元が終了したら、「修了テスト」というまとめのテストがあります。ここでまた理解度を確認し、弱点の復習をすることができます。

中1~中3の方へ

中1~中3の方へ

塾長からの耳より情報!

お子様たちの学ぶ力は、ほめることによって身につきます!

お子様たちの学ぶ力は、ほめることによって身につきます!

私たちの最終目的は、お子様たちが「自ら学ぶ力」を身につけることです。
そのために「ほめること」は欠かせません。でも、ほめるって意外と難しいですよね。一歩間違うと単なる「おだて」になり、かえって逆効果だし、そもそも「ほめる所が見つからない」という声も聞こえてきそうです。
けれども私たちは、どのお子様にもある必ずある「良いところ」を見つけ、それをほめ、ほんの少しの成長であってもそれを必ずほめ、お子様の学習意欲をかき立て、「自ら学ぶ力」を育んでいきます。

子どものやる気が出る3つの言葉
子どものやる気が出る3つの言葉
よく頑張っていたものね。……38.6% (※)
いちばんやる気が出るのは、頑張りや努力が認められること。
「いつも努力しているよね」「毎日やっていたおかげだね」など、子どもの取り組みや行動を具体的に指摘することで、自信や達成感が生まれ、意欲につながります。
すばらしい。すごいね!……35.8% (※)
「わあ、すごい!」「お母さんはかなわないわ」「えらい!」など。シンプルなほめ言葉も、子どものやる気をアップさせる言葉です。 タイミングを選んで効果的に使えば◎。
できる力を持っているんだから。……29.0% (※)
「あなただからできたのよ」「すごく力が伸びたんだね」「これも○○の実力だね」など、子どもの能力を認めることも、やる気アップには重要です。「自分には能力があるんだ」と気づかせ、前向きに取り組ませる効果もあります。
子どもに言ってはいけな3つの言葉
子どもに言ってはいけな3つの言葉
勉強しなさい!……63.1% (※)
親に言われてやる気をなくす言葉の第一位は「勉強しなさい」です。「自分では頑張っているのに」「言われるとやる気がなくなる」「口を開けばいつもこの台詞」など、子どもは、強要されることに強い抵抗や反発を感じているようです。
○○ちゃんは成績が上がったんだって。……47.7% (※)
「お兄ちゃんに比べてあなたは…」「知り合いの□□さんのお子さんはすごいのよ」など、他の人と比べる発言は、子どものやる気を大きくダウンさせます。 人と比較されると、子どもは「自分が否定された」と感じ、自信をなくしてしまいます。
だからあなたはダメなのよ。……47.7% (※)
このほかにも、「やっぱりね、だから言ったでしょう」「どうせできないよ」「あなたには無理よ」などの発言も×。自分を否定される言葉を繰り返し言われることで、子どもは「自分は能力のない人間だ」と思い込み、自主性や個性までも失ってしまうでしょう。

※ 2013年「勉強に関する意識調査」 小学1年から高校3年までの男女
  「親に言われてやる気をなくす一言(やる気が出る一言)」 すららネット調べ

英語教育へのこだわり

英語教育へのこだわり

英検対策講座

英検対策講座

塾体験

塾体験

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください

PAGE TOP