塾長ごあいさつ

塾長ごあいさつ
英語学習アドバイザー 福地貴代志 (当塾塾長)

数年前から始まった英語教育改革。当初の予定通りではなくなったことも少なくありませんが、今現在も改革は進行中です。この改革の本質的な目的は、「受験教科の枠を越え、社会においても十分に通用する英語力を育てる」というものです。

さて、このような改革が進められていく中で、お子様たちは今までとは全く異なった方法で英語を勉強しなくてはいけないのでしょうか。

答えは「NO」です。数年前に出始めた「会話に偏り過ぎる英語学習」はあまり意味が無いかもしれませんが、それ以前から行われてきた基本的な英文法や単語の学習は、社会において通用する英語力には絶対に欠かせません。スポーツや楽器の演奏と同じように、英語も基礎練習がとても大切なのです。

春日部アカデミーの英語指導は、基礎の習得に徹底的にこだわります。そして、テストに通用するだけのテクニック指導は必要最低限にとどめ、「一生使える英語」の土台を作ることを重視します。
そうすることで、全てのお子様が英語に自信を持ち、卒塾後もずっと英語に興味を持って学び続け、社会に出たときに立派な英語ユーザーになってくれることが私たちの目標です。

英語ができれば世界とつながります。それはお子様たちがより多くの選択肢を持てることを意味します。英語を通じてお子様たちの将来に貢献したい。このような想いでこれからも指導を続けてまいります。

英語教育へのこだわり

英語教育へのこだわり

塾業界の常識への挑戦

塾業界の常識への挑戦

「アルバイトの講師は指導力がなく頼りない。」そうお考えの方は少なくないかもしれません。
しかし、本当にそうでしょうか?
本来、指導力や信頼度の高さは雇用の形態とは無関係のはずです。むしろ、本業を別に持っている人間の方が知識も豊富でより興味深い授業ができるという利点もあります。
春日部アカデミーは、雇用形態に関わらずプロとしての指導力と責任感が身につくまで講師に授業を持たせません。そして、授業を持つようになっても研修を行い続けます。(小さいものまで含めると研修は毎日です。)このような講師たちですので、生徒たちや保護者様からの信頼も厚いです。「講師は全員正社員」ではありませんが、安心してお任せいただけるものと自負しております。

氏名  :福地 貴代志(Fukuchi Kiyoshi)
生まれ :1971年
出身高校:埼玉県立大宮高校
出身大学:上智大学外国語学部英語学科(現役合格)

大学1年の時に岩槻区(当時は岩槻市)にある、当時市内最大規模の学習塾で講師のアルバイトを始めました。(担当教科は英語。) その後、大学卒業とともに、その学習塾にそのままに就職します。 30代半ばで一度、「広く社会を知るために他の業界も経験すべき」と考え、塾とは無関係の業界に転職し、数年後に再び塾業界に舞い戻ってきました。
今まで教えてきた生徒は、小学生から高校生までのべ3,000人以上。有名高校や有名大学に進んだ生徒、部活に情熱を燃やしていた生徒、入塾当初は英語が大嫌いだった生徒など、実に様々な生徒を教えてきました。そんな彼ら全てに共通して言えることは、「全員英語の成績が上がっていった」ということです。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP