塾長ごあいさつ

塾長ごあいさつ
英語学習アドバイザー 福地貴代志 (当塾塾長)

今、日本の英語教育が大きく変わろうとしています。文科省は2020年の東京オリンピックをターゲットに壮大な計画を打ち立てています。 全てが計画通りに進むかどうかは分かりませんが、今から数年のうちに、学校の英語の授業が大きく変わっていくことは間違いないと思います。 特に大きく変わるポイントは、自分の考えや意見を英語で発信すること、言い換えれば「話して伝えること(Speaking)」と「書いて伝えること(Writing)」に、今まで以上に重点が置かれることです。この2つを強化して「英語によるコミュニケーション能力を確実に養う」ことを文科省は目標としています。

このような時代の中で、お子様たちはこの先、今までとは全く違った方法で英語を勉強していかなくてはいけないのでしょうか? 答えは、半分「YES」で半分「NO」です。文法問題を機械的に解いていったり、数行にまたがる長い英文を細部にまでこだわりながら和訳していくようなことは意味の無いものになっていくでしょう。しかし、必要最低限の英文法や基本的な単語の習得は、これからも変わらず大切なことです。むしろ、英語で何かを発信するためには今まで以上に必要になってくるかもしれません。もし、「英語によるコミュニケーション能力」という最終ゴールだけに目が行き、このような「基礎練習」への意識が低くなってしまうようなことがあれば、それは非常に危険なことです。スポーツや楽器の演奏と同じように、英語も基礎練習がとても大切なのです。

春日部アカデミーの英語指導は、基礎基本の習得に徹底的にこだわります。また、ある特定のテストにだけ通用するようなテクニック指導は必要最低限にとどめ、「一生使える英語」の土台を作ることを最も大きな目的として指導を行っています。 目標は、全てのお子様が英語に自信を持ち、英語を嫌がらずに卒業後もずっと学び続け、将来社会に出たときに立派な英語ユーザーになってくれることです。

英語ができれば世界とつながります。それはお子様たちがより多くの選択肢を持てることを意味します。英語を通じてお子様たちの将来に貢献したい。このような想いで今までも、そしてこれからも指導を続けてまいります。

英語教育へのこだわり

英語教育へのこだわり

英語指導の信条

英語指導の信条~
25年間、常に持ち続けている信条です。

1. 覚えることはなるべく少なく
1. 覚えることはなるべく少なく
自分自身が覚えることが好きではないので、生徒たちも覚えることがなるべく少なくて済むように、そして簡単に覚えやすくするように、様々な工夫をしています。
「具体的にはどのように?」と思った方は、ぜひ私の授業を実際に体験してみてください。
2. とにかく”基本”特に中1の学習内容を最重要視
2. とにかく”基本”特に中1の学習内容を最重要視
英語が苦手な生徒は、そのほぼ100%が中1の内容でつまずいてしまっています。 決して難易度の高い内容ではないのですが、ポイントを押さえてきちんと整理しておかないと覚える量が無駄に多くなり、普通の子であれば、そこで英語に対する学習意欲は消滅します。 なので、中1の内容からきちんと整理して学ばせ、無駄な負担が無いように心がけて指導しています。
3. 最終目的は”受験”ではなく”一生使える英語”
3. 最終目的は”受験”ではなく”一生使える英語”
学生たちが英語を学ぶ目的とは? もちろん、学校の試験や受験で成功することはとても大切で、決して軽視できない目的です。 しかし、それは「最終目的」ではありません。よって、「試験に受かるため」だけの指導はしていません。 この表現はどんな場面で使うのか、ネイティブの人はどんなイメージでこの表現を使っているのか、こういう場合はどんな表現が適切か、等のことを常に意識させながら英語を学ばせています。

塾業界の常識への挑戦

塾業界の常識への挑戦

「アルバイトの講師は指導力が無く頼りない。」そうお考えの方は少なくないかもしれません。 しかし、本当にそうでしょうか?本来、指導力や信頼度の高さは雇用の形態とは無関係のはずです。 むしろ、本業を別に持っている人間の方が知識も豊富でより興味深い授業ができるという利点もあります。

春日部アカデミーは、雇用形態に関わらずプロとしての指導力と責任感が身につくまで講師に授業を持たせません。 そして、授業を持つようになっても研修を行い続けます。(小さいものまで含めると研修は毎日です。)このような講師たちですので、生徒たちや保護者様からの信頼も厚いです。 「講師は全員正社員」ではありませんが、安心してお任せいただけるものと自負しております。これが1つ目の挑戦です。

2つ目の挑戦は、無料講習についてです。私どもは他塾様と比べると無料の講座や授業が少ない方かもしれません。 しかし、これには理由があります。授業に対しての対価を頂き、それをよりよいサービスとして生徒たちに還元したいと考えているからです。 グローバル化の大きな波が押し寄せ日本の国力が相対的に低下し始めている昨今、今までの教育の常識は通用しなくなり始めています。 このような時代だからこそ、「塾」が先頭に立ち日本の教育を変えていかなくては行けないと強く感じています。 かの明治の開国時も、日本の教育改革の先頭に立ったのは福沢諭吉を始めとした民間の教育者でした。 「無料」という目先のエサに頼るのではなく、本当に良い教育を子供たちに提供し続けていきたいし、そうしなくてはいけない義務がある。 これこそが、私たちの信念なのです。

東京生まれ、埼玉育ち
埼玉県立大宮高校出身
上智大学外国語学部英語学科出身(現役合格)

大学1年の時に岩槻区(当時は岩槻市)にある当時市内最大規模の学習塾で、英語講師のアルバイトを始めました。 その後、大学卒業とともに、その学習塾にそのままに就職します。 30代半ばで一度、「広く社会を知るために他の業界も経験すべき」と考え、 塾とは無関係の業界に転職し、数年後に再び塾業界に舞い戻ってきました。 今まで教えてきた生徒は、小学生から高校生までのべ2,000人以上。有名高校や有名大学に進んだ生徒、部活に情熱を燃やしていた生徒、入塾当初は英語が大嫌いだった生徒など、実に様々な生徒を教えてきました。 そんな彼ら全てに共通して言えることは、「全員英語の成績が上がっていった」ということです。

座右の銘

「Winners never quit!(勝者は決してあきらめない。)」
何事も成功するまでやり続ける。あきらめてしまったらそこで全ておしまいです。
生徒や講師たちにも、この信念を伝え続けていきたいと思っています。


尊敬している人物

母親


趣味

音楽と鉄道、そして英語です。


音楽

高校時代、吹奏楽部でSAXを吹いていました。(高3の夏まで部活中心の生活でした。)数年前に某市民吹奏楽団にも在籍していたこともあります。 また、学生時代は洋楽にハマっていた時期もあり、それも英語に興味を持った1つのきっかけでした。


鉄道

見ることと乗ることが特に好きです。学生時代は、「鉄道に乗ることだけ」が目的で国内の色々な場所を旅行しました。


英語

小学5年生の時に初めて英語を学び始めた時からずっと、英語の面白さにとりつかれています。違う言葉に触れることは、とても楽しいことです。 生徒たちにも、その楽しさを感じてもらいたいと強く思っています。


英検対策講座

英検対策講座

塾体験

塾体験

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP